ぽっこりお腹を簡単に解消!?池谷敏郎医師流内臓脂肪の落とし方

池谷敏郎先生は50歳を過ぎた現在でも体脂肪率が10%以下という素晴らしい体をお持ちの先生で、【内臓脂肪を落とす最強メソッド】と言う著書も出されているダイエットの名医です。

先生自身元々は身長172cmで体重が80kg弱あるぽっちゃり体型でしたが、まずから考えたダイエット方法で見事にダイエットに成功し、現在も体脂肪率10%台をキープしているとのことです。

そんな先生のダイエットメソッドをかいつまんで今日はお話をさせていただきたいと思います!

池谷式ダイエットその①プチ糖質制限

池谷式ダイエットで取り入れるのは、プチ糖質制限です!完全な糖質制限は、健康的にも害があるだけでなく、継続することが難しくリバウンドの危険性があるためオススメしていないとのことです。

その代わり取り入れるのが1日の糖質の摂取量を半分に抑えるプチ糖質制限法です。内容は至ってシンプルで、朝昼晩の主食の量を半分に減らすと言うものです。

ただ、どうしても昼食会やディナーに行かなければならない時ってありますよね?そんな時の回避法として昼食を食べなければいけない時は朝と夜の糖質を完全に脱いたり、夜の会食がある時には朝と昼の糖質をカットすることで調整も可能というのがルールです。

このルールで有れば、どうしても付き合いで食べなければいけないビジネスマンやお友達付き合いの多い方でも取り組みやすいですよね?

また、糖質を制限しながらで有れば14時から18時の間はおやつを食べてもオッケーと言うこれまた嬉しいルールも設けてくれているので、無理な我慢をすることなく楽しく続けていくことが出来そうです。

池谷式ダイエットその②内臓脂肪を落とすスーパーフードを摂る

内臓脂肪を落とすスーパーフードが5つ紹介されていましたので、そちらも合わせてご紹介させていただきます!

①茶カテキン

茶カテキンは緑茶に含まれる成分で茶カテキン540mgを毎日摂ると1日あたり約100キロカロリーのエネルギーを消費できるそうです。

これはジョギング10分相当のエネルギーの消費になります。

②もち麦

もち麦はカルシウムや鉄分、カリウム、ビタミンB1、たんぱく質などがバランス良く含まれる大麦の一種で、食物繊維も白米の25倍もあるそうです。栄養満点で食物繊維が豊富なので腹持ちが良くしかもカロリーもご飯の2分の1と言う優れものです。

③ブロッコリー

3つ目の食材は野菜の王様ブロッコリーです!栄養がとにかく豊富なだけでなく、食べ応えもあり、がんの予防や健康効果の非常に高いまさにスーパーフードです!

④サバ缶

サバ缶にはEPAやDHAなどのオメガ3 脂肪酸が豊富に含まれるています。EPAやDHAを摂れば、血液中の脂質のバランスが改善するとともに、血小板の過剰な活性化が抑えられて動脈硬化の進行を防ぐことに役立ちます。

さらに腸壁から痩せホルモンの分泌が促され、内臓脂肪を減らす効果が期待できます。

⑤スープカレー

スープカレーはルーに小麦粉が多く使われていないから、糖質もカロリーも低めです。どうしてもカレーを食べたくなった時にはオススメです。

もち麦やおからをトッピングすればご飯がなくてもしっかりと満足感を得ることが出来ます。

池谷式ダイエットその③キツくない!続けられる!エクササイズ

元々はその場ジョギングをお勧めしていたそうですが、これに上半身の動きをプラスしたゾンビ運動を1分間行い30秒足踏みを1セットとし、これを食後に3回毎日行うと言うものです。

一回の所要時間も2分以内ですので手軽に始められて長く続けることが出来るかと思います。食後にこのような運動をすることで血糖値の上昇を抑えることができるのでダイエット効果も抜群です!

まとめ

池谷式ダイエットメソッドでは、プチ糖質制限を行い栄養たっぷりの食事を摂り、続けられる運動を行うと言うダイエットの王道とも言えることを誰でも簡単に出来る様にしているため多くの方が結果を出せる内容となっています!

是非みなさんも取り入れていただき続けられるダイエットを習慣化し、スリムな体型になり、さらにそれを維持できるようになってください。

最初のコメントをしよう

必須