二の腕を細くしたい人は必見?!間違いだらけの腕のトレーニング方法

二の腕を細く見せたいというお悩みは私がパーソナルトレーナーをしていても1番よく聞くお悩みです。

そんな悩みを抱えている方の多くは独自の方法でトレーニングしたり、なんとなくでトレーニングしている方がほとんどです。

そうなってしまうと腕が細くなるどころか太くなってしまう危険性もあります!

そうならないためにも腕を細く引き締める方法をお伝えします!

上腕三頭筋を鍛える

腕のトレーニングと言えば、立った状態でダンベルを持って肘を曲げ伸ばしするトレーニングを思い浮かべがちですが、そのトレーニングでは、腕痩せまでの道のりは遠いです。

なぜならそのトレーニングで鍛えられるのは腕の前側にある上腕二頭筋しか鍛えられないからです。いわゆる力こぶと呼ばれる部位ですが、この部位は腕の筋肉の1/3程度しかないので、ここばかりを鍛えてもたるんたるんに弛んだ二の腕は痩せません…

二の腕を引き締めるのに効果的な部位は腕の後ろ側にある上腕三頭筋です!この上腕三頭筋は腕の筋肉の2/3を占めておりここを鍛えることで二の腕が引き締まり痩せやすくなります。

トレーニングの回数

トレーニングをする時の回数にも注意しなければ、二の腕を細くするどころか太くなってしまう場合もあります。

一般的によく言われるのは10回3セットというトレーニングの回数ですが、この方法は筋肉を大きくする筋肥大のための回数です…愚直にこのトレーニング回数でトレーニングを続けていると腕はどんどんと太くなります。

実は、トレーニングの回数によって筋肉を太くしたり細くしたりをコントロール出来るのです。腕のシェイプアップが目的なら10回ではなく、15〜20回出来る重さでトレーニングをしましょう。

正しくないフォーム

正しいフォームで鍛えないと筋肉は狙った部位を鍛えることが出来ません。

間違えたフォームでトレーニングをすると二の腕を引き締めたいのに前腕や肩がムキムキになってしまいます。

よく腕のトレーニングを勧めると腕がムキムキになりやすいから嫌だと言う回答が返ってきますが、多くの場合は鍛え方を間違えてしまい、別の部位に負荷がかかり、狙った部位が細くならずに別の部位が細くなったりするともともと痩せたかった部分が太く見えたりする場合もあります。

正しいフォームでトレーニングをすることを意識しましょう!

まとめ

二の腕を細くするということは多くの方が悩まれていることだと思いますが、正しいフォームでトレーニングが出来れば誰でも簡単に痩せることが出来ます!

トレーニング方法が分からないという方の名前にLINE@では、腕の痩せ方の動画もアップする予定です!

是非いまの間にLINE@登録もよろしくお願いします!

最初のコメントをしよう

必須