最近は連日30°を越す猛暑日が連続していますが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?

この時期は外は暑いのに室内に帰るとエアコンが効いていて寒いなど、冬以上に寒暖差がある上にアイスクリームや冷たい飲み物など体の中からも冷やしてしまいガチです。

実は、冷えはダイエットにとって一番の敵です…体が冷えてしまうと内臓の動きも弱くなり代謝が鈍くなってしまいます。

そんな夏の冷え性を解消するために1番効果的なのが入浴です。

今日は入浴のメリットについて書かせていただきます!

代謝が上がる

湯船に浸かり体温を上げていくと体も活発に動きだし代謝が上がります。

暑い夏の日に湯船に浸かるということに抵抗のある方もいるかもしれませんが、冷やしすぎた体の内部を温めることにより、より活発的に健康的に体が動くようになります。

そうすることで、代謝も自然と上がってくるので20分を目安に湯船に浸かる習慣を作りましょう。

安眠効果

寝る90分前くらいに湯船に浸かると体の深い位置の体温が上がります。湯船から上がると自然に体の熱が奪われていくのですが、その際に人間の体は眠りにはいりやすくなります。

寝苦しい夜が続くかもしれませんが、あえて入浴の習慣をつけておくとぐっすりと眠れるようになり、体調のバランスが整うことで、ダイエットにも効果が出ます。

しっかりと寝ないと美容にも悪いので最近眠りが浅いなという方は是非試してください。

免疫力アップ

今年に入ってから猛威を奮っている新型コロナウイルスですが、一時期収束に向かいつつあったものの最近東京では感染者が徐々に増えてきています。

ウイルスは目に見えないので防ぐことは難しいのですが、もし体にウイルスが入ってきたとしても免疫力が高くなっていれば、感染するリスクは下げることが出来ます。

湯船に浸かり体温を上げることで免疫力はアップするので、ご自身だけでなくご家族や職場の方々を守るためにも湯船に浸かる習慣を作り免疫力をアップさせましょう。

まとめ

暑い夏にはなかなか湯船に入るということはしんどいことかもしれませんが、暑い夏だからこそ毎日最低20分浸かることで、ダイエットにつながるだけでなくご自身の体調管理にもいかせますので、是非お試しください。

投稿者: 田村 広大

銀行員→消防士→保険募集人→予防医療診断士、パーソナルトレーナー 保険の仕事中にお客様が病気で倒れたことをきっかけに保険の限界を感じ、パーソナルトレーニングやダイエットを通じて、病気にならない環境づくり、健康寿命を延ばす社会づくりをしています! グランフロント大阪でワークアウトソシオのキャプテンとしてダイエットのグループレッスンを行なっています! 天六や守口でもダイエットグループレッスンやダイエットセミナーを行なっていますので、質問やセミナー情報、お申込みは下記のLINE@からお願いします。 https://instabio.cc/10927NkbPZ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です