AGEという言葉を聞かれたことはあるでしょうか?実は老化や肥満の原因の多くがこのAGEという物質だということが最近だんだんとわかってきています。

AGEとは、「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。 強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。

このAGEがシミやシワの原因になっているだけでなく、関節や血管の不調などを引き起こしていると言われています。

逆にこのAGEを抑えることが出来れば、老けたり太ったりしにくくなってきます。

今日はAGEの防ぎ方について書かせていただきます。

糖質を抑える

AGEは糖質とタンパク質が結びつき加熱されたときに発生します。例えば、ホットケーキを焼いたときに焼けた表面は茶色く変わります。その現象をメイラード現象と呼ぶのですが、この少し焦げて焼き色が付く原因となるのがAGEなのです。

タンパク質は体の構造の大部分なので減らすと不都合が多いですが、糖質はゼロにすると不味いですが必ずしも必要というわけではないので、多少減らしても問題はありません。

なるべく精製された糖質や穀物を避けらようにしましょう。

高温調理されたものは避ける

AGEは高温で調理した際に一気に増えます。いも類も生のままで有れば、AGE量は少ないのですが、ポテトフライなど高温の油で調理すると数十倍、数百倍へと増えます。

なるべく加熱調理していないものの方がオススメですが、生物ばかりだと大変なので火を通して調理する場合は、揚げ物や炒め物を避け煮たり蒸したりした物を選ぶと良いでしょう。

魚介類を多くとる

牛や豚などの家畜類に比べると魚介類のAGE量は少なめです。同じ重量で同じ調理方法であったとしてもAGE量が一桁違うこともザラです。

なるべく魚介類を意識してタンパク質を摂取するようにしましょう。

まとめ

高温過熱調理を避け、魚介類を意識して食べると言われると少し難しいかと感じる方も多いかもしれませんが、世界的に見ると海産物が豊富で生で食べる習慣のある日本人には有利な条件です。

欧米の人に比べ日本人の方が若く見えるのはそういった要因があるのかもしれませんね。

後は、日本人は糖質を摂りすぎる傾向にあるので、糖質を制限すれば、バッチリです。

AGEを抑えていつまでも若々しく健康に過ごしましょう!

ご相談等もLINE@で受け付けています。

無料でご相談もうけつけますので、お気軽にご相談ください。

LINE@→https://instabio.cc/10927NkbPZ

投稿者: 田村 広大

銀行員→消防士→保険募集人→予防医療診断士、パーソナルトレーナー 保険の仕事中にお客様が病気で倒れたことをきっかけに保険の限界を感じ、パーソナルトレーニングやダイエットを通じて、病気にならない環境づくり、健康寿命を延ばす社会づくりをしています! グランフロント大阪でワークアウトソシオのキャプテンとしてダイエットのグループレッスンを行なっています! 天六や守口でもダイエットグループレッスンやダイエットセミナーを行なっていますので、質問やセミナー情報、お申込みは下記のLINE@からお願いします。 https://instabio.cc/10927NkbPZ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です