リバウンドを繰り返さないために大事なこと…

それはずばりダイエットを「イベント」にしないでください。

友達と競争して痩せる、海に行きたいから痩せる、1ヶ月でマイナス5キロを目指すと言った感じで目標を掲げてダイエットを「イベント」として扱っている人が多いのですが、そのような取り組み方をしていると必ずと言っていいほどリバウンドをします。

ダイエットは健康的な生活習慣を身につければかならず達成することが出来ます。

この習慣づくりがうまく出来ないので多くの方がダイエットに永遠に悩みダイエット産業のカモにされているのです。

今日はそんな方のために習慣づくりのコツについてお伝えします!

少しずつレベルアップ

ダイエットだけでなく、多くの方が習慣作りに失敗する理由の一つとしていきなりレベルの高いことから取り組むという問題があります。

毎日30分ジョギングすると言ったことや、1日一冊本を読む、英単語を毎日300個覚えるなどなど

いきなり高いレベルから挑戦するとモチベーションがあるウチはいいのですが、だんだんときつくなり多くの方が三日坊主で終わります。

習慣を作る際にはまずは確実にできることからはじめましょう。

悪い習慣を辞める

いい習慣を取り入れようとしても、悪い習慣が残っているとなかなか定着しません。

人のキャパシティには限界があります。

いろいろなことを習慣化したいという気持ちもわかりますが、先ずは取り入れたい習慣を邪魔している悪い習慣を取り除きましょう。

例えばプチ糖質制限の習慣を取り入れたいのであれば、帰りにコンビニによる習慣や夜にお米を炊く習慣を辞めましょう。

英単語や本を読みたいならテレビを見る習慣を辞めましょう。1日24時間というのは今も昔も帰ることはなかなか出来ないので、先ずは自分をかえるようにしましょう。

1人でしない

1人で行うと自分に負けてしまい中々習慣化が難しくなります。そのためにも友達と一緒に始めたり、ジムに通ってトレーナーと約束したり、最近であればSNSで公開するというのもありです。

周りの人に知らせることで、少し自分にプレッシャーをかければ自然とやめにくくなるので、習慣化されやすくなります。

まとめ

今日はリバウンドしないためにダイエットを習慣化するコツについて書かせていただきました。

目標を達成するための習慣化していく上で最も大切なことは、正しい習慣を身につけるということです。

ダイエットのための習慣作りをしているはずがよく逆効果の習慣をつけている方も見かけます。

そうならないためにも先ずは信頼できるトレーナーにどのようにしてダイエットしていくかの相談をしてみましょう。

投稿者: 田村 広大

銀行員→消防士→保険募集人→予防医療診断士、パーソナルトレーナー 保険の仕事中にお客様が病気で倒れたことをきっかけに保険の限界を感じ、パーソナルトレーニングやダイエットを通じて、病気にならない環境づくり、健康寿命を延ばす社会づくりをしています! グランフロント大阪でワークアウトソシオのキャプテンとしてダイエットのグループレッスンを行なっています! 天六や守口でもダイエットグループレッスンやダイエットセミナーを行なっていますので、質問やセミナー情報、お申込みは下記のLINE@からお願いします。 https://instabio.cc/10927NkbPZ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です