ぽっこりでっぱったお腹を解消したいと言うのは男女を問わず多くの方が持たれているお悩みだと思います!

今日はお家で出来る簡単なトレーニングで腹横筋というお腹の中にあるインナーマッスルを鍛えてぽっこりお腹をスッキリされる方法について書かせていただきます!

フロントブリッジ

1番最初に取り組んでいただきたいのはフロントブリッジというトレーニングです。

このトレーニングのやり方はまずはうつ伏せに寝ていただき、肘をついて体を起こし足はつま先で支えます。

肘とつま先で体を支え全身を浮かした状態で30秒キープしてください。これを1日1セットやるだけです。余裕のある人は3セットくらいしてもよいでしょう。

ポイントは体をまっすぐ一本の棒の様に保つこと。しんどくなってくるとお尻を浮かせたり、腰を落としたりしたくなりますが、そこを我慢して耐えることで腹横筋は鍛えられます!

無理のない範囲で徐々に時間も増やしていけるとベストです。

ドローイング

2つ目の種目はドローイングです。これはしっかりとした腹式呼吸を行うことで腹横筋を鍛えぽっこりお腹を解消する方法です。

先ずは両膝を立てた状態で仰向けに寝ていただきます。この時に背中と床の間に少しだけ空間が出来ると思います。

床に向けて腰に力を入れながら3秒間かけてゆっくりと息を吸い込みます。この時には背中と床の隙間を完全になくす様にしてください。

その姿勢のまま2秒キープしていただき、次は3秒間かけてゆっくりと息を吐いてください。この時もなるべく背中が床から離れない様に床向けに力を入れながら呼吸を吐いてください。

吸って吐いてを5回繰り返していただくとオッケーです。

ヒップリフト

最後の種目はヒップリフトです。このトレーニングも両膝を立てた状態で仰向けに寝ていただきます。

その状態からゆっくりとお尻を持ち上げ1番高くあげれるところまであげてください。

1番高いところで3秒間キープし、今度はゆっくりと下に下ろしていく。

床に着いたらまたゆっくりと上げていき、3秒間キープ、そしてまたゆっくりと下げるを10回行ってください。

このトレーニングでは、腹筋だけでなく美尻の効果も非常に期待できます。

まとめ

腹横筋というお腹の深部にあるインナーマッスルを鍛えることで、ぽっこりお腹を解消できるだけでなく体幹も鍛えられるので、腰痛や姿勢の改善にも繋がります。

毎日コツコツと続けることが1番なコツです!テレビを見ながらでも構いませんので、コツコツと続けていってください。

投稿者: 田村 広大

銀行員→消防士→保険募集人→予防医療診断士、パーソナルトレーナー 保険の仕事中にお客様が病気で倒れたことをきっかけに保険の限界を感じ、パーソナルトレーニングやダイエットを通じて、病気にならない環境づくり、健康寿命を延ばす社会づくりをしています! グランフロント大阪でワークアウトソシオのキャプテンとしてダイエットのグループレッスンを行なっています! 天六や守口でもダイエットグループレッスンやダイエットセミナーを行なっていますので、質問やセミナー情報、お申込みは下記のLINE@からお願いします。 https://instabio.cc/10927NkbPZ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です