冬場になると汗をかく量が減ったり運動する機会が減るため足がむくんでパンパンになって悩まれている方や、朝起きると顔がパンパンにむくんでるという方が非常に多く現れます。

今日のお話はむくみを予防したり、とったりしてくれる食べ物について書かせていただきます。

むくみだけでなく以下のお悩みがある方には効果のある食べ物を紹介していきますので、是非ご覧ください!

・ウエスト周りがやばい…

・昔の服が着れなくなった…

・何度も痩せようとは努力してる…

・とは言え運動や食事制限は挫折してしまう…
(※無理な食事制限は体にも悪いです!)

・夏までになんとかしたい…!!

タンパク質

タンパク質は、血管の内外の水分量の調節に非常に役に立ってくれます。

このタンパク質が不足すると体がどんどんとむくみやすくなるのです!

さらにタンパク質が不足すると体の筋肉が減っていきます…これもむくみの大きな要因となるのでご注意ください。

逆にタンパク質をしっかり取れていると筋肉がつきやすくなりますので、下半身に溜まった水分をしっかりと押し上げてくれるので、足がむくんだりすることも減ります。

タンパク質をしっかりとるためには鳥や豚、牛などのお肉類だけでなく、大豆などの豆類もしっかりと食べましょう!

目安としては自分の体重×1gは食べるようにしてください。50キロの方で有れば1日50gが目安です!

お肉100gの中にはおよそ20gのタンパク質がありますので、朝昼晩合わせてお肉で行くと250g食べれていると大丈夫です。

ビタミンB群

タンパク質をとってもその代謝を促してくれるビタミンを摂らなければ効果が薄れてしまいます。

特にビタミンB群はタンパク質だけでなく、脂質や糖質など体外から摂取したものを分解してくれる働きがあります。

ビタミンB群はレバーやアーモンドなどのナッツ類に多く含まれていますので、積極的にとるようにしましょう。

レバーには鉄分も多く含まれるので、貧血気味の方には嬉しいですね。

カリウム

体内の水分バランスは、カリウムとナトリウムのバランスによっても調整されています。
このバランスが崩れると、むくみやすくなってしまいます。

カリウムには、体内の余分な水分を排出するはたらきがあるため、むくみを感じた時はカリウムを豊富に含む食品を食べておくと良いでしょう。

★メロン、きゅうり、バナナ、かぼちゃ、芋類などがオススメです!

まとめ

むくみは日々の食生活を改善するだけで簡単に改善することが出来ます。高いエステに通う前にまずは食生活を見直してみましょう!

また次回には、むくみの原因となるものについても解説していきますので、ぜひご期待ください!

予防と解消法を知ってむくみ知らずの足痩せ小顔美人になりましょう!

投稿者: 田村 広大

銀行員→消防士→保険募集人→予防医療診断士、パーソナルトレーナー 保険の仕事中にお客様が病気で倒れたことをきっかけに保険の限界を感じ、パーソナルトレーニングやダイエットを通じて、病気にならない環境づくり、健康寿命を延ばす社会づくりをしています! グランフロント大阪でワークアウトソシオのキャプテンとしてダイエットのグループレッスンを行なっています! 天六や守口でもダイエットグループレッスンやダイエットセミナーを行なっていますので、質問やセミナー情報、お申込みは下記のLINE@からお願いします。 https://instabio.cc/10927NkbPZ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です