今日は尿酸値を下げるための体に優しいダイエット方法について解説していきます。

痛風と聞くと一昔前では50代くらいの所謂おじさんがかかる病気のように思えていましたが、実は現在では30代から痛風になる人が男女問わず、増えてきています。

痛風の原因は尿酸値が高くなることなのですが、一体どうすればこの尿酸値を下げることが出来るのかについて今日は解説していきます。

有酸素運動を習慣にする

有酸素運動とは、息が切れない程度にゆっくりと酸素を取り入れながら出来る運動のことです。

この有酸素運動を習慣化していけば尿酸値が下がり、痛風の恐怖も遠ざかります。

有酸素運動をする際のポイントは、ジムなどに通うのではなく毎日の習慣化をしていくことにあります。

なぜ習慣化が大事かと言いますと、尿酸値が高い状態であまりにも激しい運動をすると痛風を発症してしまう可能性があるだけでなく、ジムに通うことが億劫になりだんだんと通わなくなってしまうからです。

ジムに通うのではなく、1日1万歩歩くことを目標にしてください。電車で通勤されている方の場合、帰りに一万歩に足りてないなと思ったら一駅前で降りて歩いてみるなどの日々の習慣が大切になってきます。

水分をしっかりと摂る

水分をしっかりと摂ることで体内の尿量を増やし、尿酸値を低くすることが出来ます。

普段飲んでいる水+別で1リットル飲むように工夫しましょう。

まとめて一気に飲むのではなく少しずつ分散して飲む方が効果的です。

カバンに余裕があるのでしたら水筒に水を入れて持ち歩く習慣をつけるとなお良いでしょう。

冬場は特に水を飲む量が減りがちなのでしっかりと意識して水分の補給を行うようにしてください。

尿をアルカリ化する食品を積極的に摂る

きのこ類、根菜類、海藻類、豆類、緑黄色野菜などのような食品は、尿をアルカリ化させ、痛風との合併症である尿路結石を防いでくれます。

これらの食材を積極的に取り入れることで、どんどんと尿酸値も改善されていきます。

冬場であればこれらの野菜をそのまま煮込んでスープにすれば水分も同時に補給できるだけでなく、野菜などから水に溶け出した水溶性のビタミンも無駄なく摂ることが出来るのでオススメです。

まとめ

体に良い習慣を作ることが、美容にもダイエットにも1番効果的です。

外見的な美しさを作ることよりも内面的な美しさを磨くことで長期的に健康的でスマートな体型を維持できるようになるので、今回の3つのポイントをしっかりと抑えるようにしてください!

投稿者: 田村 広大

銀行員→消防士→保険募集人→予防医療診断士、パーソナルトレーナー 保険の仕事中にお客様が病気で倒れたことをきっかけに保険の限界を感じ、パーソナルトレーニングやダイエットを通じて、病気にならない環境づくり、健康寿命を延ばす社会づくりをしています! グランフロント大阪でワークアウトソシオのキャプテンとしてダイエットのグループレッスンを行なっています! 天六や守口でもダイエットグループレッスンやダイエットセミナーを行なっていますので、質問やセミナー情報、お申込みは下記のLINE@からお願いします。 https://instabio.cc/10927NkbPZ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です