自力ダイエットの限界…

最近よく来られるお客様で多くあるのが自力で色々とダイエットをして痩せきった後にジムに来られる方が多くいらっしゃいます。

正しいダイエット方法をしていただいていると良いのですが、多くの方が運動をせずに食事制限だけのダイエットをやった上で来られます。

この場合様々なデメリットがありますので、自力で頑張る前に先ず一度ご相談ください。

今日はそんな自力ダイエットのデメリットについて書かせていただきます。

筋肉が落ちて代謝が下がる

自力ダイエットの定番である食事制限ですが、これをやりすぎたり長期間続けると筋肉が衰えていきます。

筋肉が衰えると基礎代謝が落ちてしまうので、食事制限をしているのに体重が変わらない…もしくは、少し増えてしまうと言う最悪の事態を招きます。

運動と並行していくことで、綺麗なプロポーションを保ったままダイエットが出来ますので、必ず並行してください。

飢餓状態に陥っている

これも食事制限の弊害です…体に入ってくるエネルギーが最低限しかないので、飢餓状態に陥ります。

この飢餓状態に陥るとカロリー消費の多い筋肉を強制的に落としていき、エネルギーを蓄えるために脂肪を溜め込みやすい体質になります…

この状態になると体重は変わらないのにどんどんと脂肪が増えます。

筋肉の方が脂肪より当然重たいので、同じ体重でも脂肪が多い人の方が大きく見えます…

見た目を変えるためのダイエットなのに見た目が悪くなる…最悪ですよね?

健康を損なう

無理なダイエットを続けていると飢餓状態に陥り筋肉が衰えるだけでなく、生存意外に必要な機能を止めようとします。

女性の場合ですと極端な食事制限をしすぎて30代で閉経してしまった方のお話もよく聞きます。

生きていく上で必要な最低限の体だけになってしまっているのです。

健康は全てではありませんが、健康を失うと全てを失います。

健康第一で考えましょう。

まとめ

筋肉をつけながら痩せていけば、ダイエットが終わった後でもリバウンドしにくくなります。

いつまでも辛い食事制限をするのは現実的ではありませんし、健康のためにも良くありません…

見た目を本当に変えたいので有れば最低3ヶ月はかかります。

1ヶ月で何キロ痩せたなどのように魅力的な謳い文句の影にはこのような弊害もありますので、気を付けましょう。

大昔から猛毒には甘い蜜が塗られていますよ。

最初のコメントをしよう

必須