痩せすぎ注意②適切な体脂肪率とは?

タニタの体脂肪計が爆発的に売れたおかげで一般の方も大変気にするようになった体脂肪率。

誰でも簡単にはかれダイエットの指数の1つとして見られることも非常に多くなってきましたが、注意点があります。

今日はその体脂肪率に関する注意点について書かせていただきます。

体脂肪率の適正値

体重が同じでも、スポーツなどで体を鍛えていて筋肉の多い人とそうでない人の体脂肪率が同じであるはずはないのです。

体重を重くしているのが筋肉や骨であれば、その人は肥満と判断されません。また、性別によっても異なり、女性は女性ホルモンの関係により男性に比べて脂肪がつきやすい傾向にあります。

体脂肪率指数女性版

■18歳~39歳
痩せ ~20%
標準(-) 21~27%
標準(+) 28~34%
軽肥満 35~39%
肥満 40%~

■40歳~59歳
痩せ ~21%
標準(-) 22~28%
標準(+) 29~35%
軽肥満 36~40%
肥満 41%~

自分は標準の範囲内であるかどうかの目安になります。実はこの体脂肪率低すぎてもトラブルの原因になりますので、標準(-)くらいを目指すようにしましょう。

食事制限ダイエットで体脂肪率増加

間違えた食事制限ダイエットを行うと体重は減りますが、体脂肪率は増加します。

そうなってしまうと見た目を良くしようと思ってダイエットをはじめたのに筋肉よりも脂肪の方が体積が大きいため見た目は変わりません。

むしろ筋肉が減って脂肪が増えると言う悪循環を起こしてしまいます…

この状態で食事制限を解除すると筋肉量が減っている分一気にリバウンドを起こします。

無理な食事制限や1人でやるダイエットには気をつけましょう。

あくまでも目安

体脂肪率の上がり下がりに一喜一憂する必要はありません。

仕組み的には足の裏から電気を流してどれくらい通りやすいかで体脂肪率を測定するものですが、足の裏の湿り具合によって大きく増減します。

毎日測って0.2%減ったなどと喜んでいても足の裏の具合によっては次の日は0.5%高いなどもザラにあります。

あまり毎日の数字に一喜一憂せずに長期的にみて下がっているかどうかを気にしましょう!

まとめ

最近ジムな通われる女性で多いのですが、BMIも普通(むしろ低め…)体脂肪率も高くないけど、痩せたいから食事制限をしている方が非常に多くいます。

現状の数値が非常に健康的であるにも関わらず、食事制限をしてしまうと筋肉が減り体脂肪が増えバランスを崩し、痩せにくい体になっていきます。

自己流で食事制限ダイエットをせずに長い目で見るとコツコツ筋トレをした方が見た目は美しくなります。

一生に一度しかないい今を楽しく生きるためにも筋肉をしっかりと育ててある程度好きなものを食べても太らない体を作る方が楽しいと思いませんか?

ずっと苦しい食事制限を続けたい方はそのまま続けていただいても構いませんが、そうでない方はお気軽にLINE@からご相談ください🙇

▪️田村広大プロフィール▪️

1986年6月3日生まれ、寅年、ふたご座、O型、大阪市港区出身、守口市在住、33歳。

妻、咲良♀4歳、桃香♀1歳の4人暮らし

港幼稚園→波除小学校→市岡東中学校→関西大学第一高等学校→関西大学法学部法律学科

銀行員→消防士→保険募集人→予防医療診断士、パーソナルトレーナー

保険の仕事中にお客様が病気で倒れたことをきっかけに保険の限界を感じ、パーソナルトレーニングやダイエットを通じて、病気にならない環境づくり、健康寿命を延ばす社会づくりをしています!

グランフロント大阪でワークアウトソシオのキャプテンとしてダイエットのグループレッスンを行なっています!

天六や守口でもダイエットグループレッスンやダイエットセミナーを行なっていますので、質問やセミナー情報、お申込みは下記のLINE@からお願いします。

LINE@のご登録はこちらから→https://instabio.cc/10927NkbPZ

セミナー情報も満載です👍

最初のコメントをしよう

必須