最近巷でデブホルモンとして有名なインスリンというホルモンがあります。いままでは血中の糖質を下げるために分泌されているだけと思われていたため糖質さえ摂らなければ、インスリンが分泌されることはないと考えられてきました。

しかし、最近の研究ではタンパク質を摂ったときもインスリンが分泌されることが分かっています。これは、消化管の中を食物が通過する際にインクレチンというホルモンが分泌され、そのインクレチンがすい臓を刺激し、インスリンが分泌されるという働きがあるからです。

タンパク質だけでなく、ほとんど全ての食べ物がインクレチンの放出を刺激して、インスリンを分泌させてしまいます。

しかも、血糖値の上昇による刺激よりもインクレチンによる刺激の方がインスリンの分泌に関して大きな要因になっていたことも確認されました。

むやみやたらに糖質制限をするだけでなく、食事のタイミングや回数を気にすることの方が大事になってくるので、意識的に食事を食べない時間を設けるようにしましょう。

https://ilifecreate.com

投稿者: 田村 広大

銀行員→消防士→保険募集人→予防医療診断士、パーソナルトレーナー 保険の仕事中にお客様が病気で倒れたことをきっかけに保険の限界を感じ、パーソナルトレーニングやダイエットを通じて、病気にならない環境づくり、健康寿命を延ばす社会づくりをしています! グランフロント大阪でワークアウトソシオのキャプテンとしてダイエットのグループレッスンを行なっています! 天六や守口でもダイエットグループレッスンやダイエットセミナーを行なっていますので、質問やセミナー情報、お申込みは下記のLINE@からお願いします。 https://instabio.cc/10927NkbPZ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です